仮想通貨 ワンコイン(OneCoin)について

ワンライフ(OneLife)のメンバーとなったアラフォー男による、同コミュニティが発行する仮想通貨 ワンコイン(OneCoin)に関する話題です。

仮想通貨 ワンコイン(OneCoin)は匿名性を排除して安全性を高めようとしています。
また、ワンコインが上場する際にコイン → 株券に変更するにはKYCという操作を行う必要があります。

■ STEP1:transaction passwordの設定
My Profile → Securityからtransaction passwordを設定します。

kyc01

transaction passwordとは?
今後行う各種の取引に使うためのパスワードで、ログオンパスワードとは全く別のものです。

■ STEP2:Profileページの設定
My Profile → Profileの情報を全て埋めます。

ココを完了させないとKYCに進めません。パスポート情報も必須です。

EditをクリックするとSTEP1で設定したtransaction passwordの入力を要求されます。これを入力 → Submitして編集を進めましょう。
kyc02

・Addressには以下を入力します。
 Country:国名
 City:都道府県名
 Address:住所
 ZIP Code:郵便番号


ポイントはAddressですね。
これはマンション名+部屋番号(集合住宅であれば) → 丁目番地 → 町名 → 市区町村の順で記載します。


 例)東京都 千代田区 麹町 1-2-3 仮想マンション123号室
  KasoMansion 123,
  1-2-3 Kojimachi Chiyoda-ku,


世間的には部屋番号の前には#を入れますが、OneCoinのアドレス入力では#を入れるとエラーとなるので上記のように設定します。
kyc03
・Birth information
Date of birth:誕生日を日/月/西暦の順に入力します。
Place of birth:出生地(都道府県)
Country of birth:生まれた国

・Identification
Passport/ID Card Number:パスポート番号
Passport/ID Card Expiry Date:パスポートの有効期限

■ STEP3:銀行で英字の残高証明を発行 → デジカメで撮影する。
全て英語表記の残高証明が必要です。ゆうちょ銀行や一般の銀行、ネット銀行ですら普通に行ってくれますが、多くの場合は500円程度の手数料が必要です。

ポイントとしては…
 ・残高は不問だがユーロ表記であること
 ・Step2で入力した住所が記載されていること
くらいですかね。

ゆうちょ銀行であれば即日、普通の銀行であれば1週間もかからずに発行してくれるので、これをデジカメやスマホ、またはスキャナで撮影してデータ化しておきます。

■STEP4:パスポートを用意 → デジカメで撮影する。
パスポート取得がこれからの方はこちらを参照して申請して下さい。データ化するのは顔写真が掲載されたページです。

■STEP5:データ化した画像をアップロードする。
My Profile → KYCをクリックします。
kyc04

Choose fileをクリックし、それぞれデータ化したパスポートの画像、銀行の残高証明を選択して、Submitをクリックします。

kyc05
KYC STATUSがPENDING / CONDITIONALLY APPROVEDとなればOKです。

あとは事務局によって承認されるのを待つだけです。
承認に必要な期間に関する情報はありませんが、中国語のサイト情報によりますと 最大で10週間かかるとか…まぁ気長に待ちましょう。

↓スポンサーサイト↓

ワンライフのワンコイン セミナーに参加して参りました。

仮想通貨 ワンコイン


まずご注意を頂きたいのが、ここで言うワンライフ(OneLife)とは、犬のしつけ教室でも生命保険会社でもなく、OneCoinという仮想通貨を扱うコミュニティを指します。

つまりワンコイン セミナーとはワンコイン = 500円で参加できるお気軽セミナーの事でもなく、OneCoinという仮想通貨に関するセミナーを指します。(前置き長くなってすみません。)

カリキュラムも何も渡されていない状態で参加したOneCoinセミナーですが、違った意味での驚きを多数感じました。

以下、仮想通貨 ワンコイン セミナーレポート(サマリ)です。

仮想通貨 ワンコイン

■来場者の年齢層 客層について
着席して驚いたのですが、40オーバーの僕が最年少なのではないか?と思われるくらい、参加者の年齢層は高いです。仕事をリタイアされてお金と時間を持て余している層のように感じました。

プライバシー侵害の可能性もあるので詳しくは申し上げられませんが、社会的地位が高い方の姿も散見されました。

そして少々不思議だったのが、参加者の8割が既存メンバーらしい事です。
普通、このテのセミナーって ビジターに対して投資判断をするに値する情報を提供する事が主目的なハズなのに…全然違いましたね。

■セミナー内容1 冒頭でワンコインの信用度をアピール
まずは冒頭、幕張メッセで行われた仮想通貨セミナー(ワンコインコンベンション?)で行われた竹中平蔵さんの基調講演の動画が流されました…が、動画は途中で止められ、最初のスピーカーがまとめに入りました。

要するに2020年東京オリンピック開催までに、外国人観光客や旅行者が外貨を日本円に両替することなく、そのまま決済できるよう日本各地で暗号通貨ワンコインを取り扱える体制になるだろうとの事でした。

また、ワンコインはインターネット上ではインチキだの詐欺だの言われているが、OneCoinは本物であるのは言うまでもないそれは「あの竹中平蔵さんが講演を買って出てくれたのだから間違いない!」というストーリーラインでした。ちょっと無理はあるか…

■セミナー内容2 創始者とワンコインのポリシー ビットコインとの違いについて
創始者であるブルガリアのルジャ博士はマッキンゼーへの参画経験もある大天才。
ビットコインは匿名性が高いのでテロ等に悪用される可能性があるが、ワンコインは匿名性を完全に排除 = コインの流れが完全にトラッキングできる事が特徴である。

ruja
また、ルジャ博士は教育を重要視している。確かに金融リテラシーの向上には教育が欠かせませんので、この辺はとても共感が持てました。

■セミナー内容3 ワンコインの発展ロードマップ
教育プログラム(数種類あり)を購入すると、トークンと呼ばれる ワンコインを採掘する為のクーポンが発行されます。発行されるトークンの量は高額な教育プログラムになるほどに大きくなり、将来的にワンコンインが一般公開された時にいくらになるか?を電卓を使って説明されておりました。

トークンは分裂する回数が決まっていて、それも高額な教育プログラムなるほどに分割奇数も増えます。そこで電卓が登場。こんな計算がはじまりました

1.トークンの配布量 x 分裂(スプリット)回数 で採掘できるコイン量を算出
2.上記で算出したコイン量 x ワンコイン公開時(2018年)の予定価格で2018年に入手できる金額(日本円)を算出
200万円のパッケージを購入すれば、リターンはになる

↓スポンサーサイト↓

■セミナー内容4 ワンコインを応援する方のスピーチ
ここからセミナーは謎の盛り上がりを見せます。

登壇されたのは元プロボクシングで世界2階級制覇を成し遂げた柴田国明さん。僕が好きなファイターの一人です。彼がそこで離されたのはヨネクラボクシングジムに入ってからプロデビューから世界チャンピオンになるまでの道のりとエピソードでした。

仮想通貨の話題は?ワンコインの話題は??
これらをどのように絡めてオチに繋げるのかな…と思ったら、キーマンの田中氏に一礼し「私もワンコインの仲間に入れて下さい!!」という〆で会場から拍手が湧きあがり~で終わり。う~ん。。。

■質疑応答は酷かった。
ビットコインよりも優れている点は匿名性以外にはないのか?メンバにコインを渡さずにトークンを付与するのは何故なのか?トークンの分裂(スプリット)はどのような条件とタイミングで発生するのか?マイニングの概念が通常一般の仮想通貨と違うのは何故なのか?

上記のようなロジックやインターネット上で囁かれているワンコインのネガティブな噂を払拭するための情報や根拠、こういった情報こそが投資判断をする上で必要だと思ってたのに…ないの!?

そう思っていたのは幸いにも僕だけではなく、質疑応答で勇気を持って手を挙げた方がいらっしゃいました。そこではこんな事を質問されておりました。

「このセミナーでは(スピーカーの)皆さんが自分の話をするだけなのですか?」

そりゃそうですよね…我々は投資判断の為にこの場にいるのに、ボクシングで世界チャンピオンになる方法を伝授されても困ってしまいます。

その時です、後ろの方の席から こんな野次が聞こえてきました。

「当たり前じゃないか!そんな事も分からないのか馬鹿野郎!!」

これには呆れました…続いてスピーカーの方も

「はい、その通りです。ロジック等に関しましてはリーダーの方にお問合せ下さい。」

と〆てました。

onecoin_logo
■ワンコイン投資者のリテラシーの低さ
ルジャ博士が描いたビジョンを絶賛しておきながら、自身の意図しない意見に対して罵声を浴びせるとは驚きのリテラシーです。

野次を言う方を周りの方も全く止める気配ありませんでしたしね…酷いものです。

■ワンコイン セミナーの意義(まとめ)
このOneCoinセミナーは既に構築された人的ネットワークの結束をより強くするための顔見知りの集まりのようなものと見受けられました。

なので、投資塾的な内容を期待していた僕にとっては参加する意味のないセミナーでございました~残念。

■ワンコインへの投資判断
じゃあyouはワンコインに投資しなかったのね?と言われると…実は投資したんですよ 10万円だけ。と言うのも、僕にワンコインを紹介して下さった方 = 恩師でして、このセミナー前に登録済みだったのです。

まぁ実際にコインが使えるサイトもある事ですし、無くなっても良い金額しか投資してないし、宝くじ程度の期待で良いかな?と納得するようにしております。

↑このページのトップヘ